設備診断

  • コンサルテーション
  • 非破壊検査
  • 診断・管理
  • 寿命評価
  • 調査・分析・判定

コンサルテーション

設備の長期連続運転を維持するための「各種技術規定・基準」「装置仕様」「履歴データ」「エンジニアリングデータ」の整備を支援します。認定申請にかかわるコンサルテーションとして「高圧ガス認定」「一圧・ボイラー認定」を支援します。

非破壊検査

豊富な経験・知識をもとにPDCA サイクルを構成する設備の検査計画の立案(Plan)、結果の評価・判定(Check)、検査の施工(Do)、処置/対策案の作成(Act)といった設備管理業務全体を実施し、LCC の最小化に貢献します。また単なる検査・診断の実施にとどまらず、検査要領書作成、検査結果に基づく補修要領書作成、前処理・後処理工事、補修工事など、検査関連業務の管理指導にいたるまで、お客様のニーズに応じた検査技術・診断技術を提供します。

診断・管理

国内はもとより、日揮グループのワールドワイドなネットワークにより、海外の石油精製・石油化学・一般化学・ガス処理設備などに対しても検査・診断を提供しています。インドネシアとベトナムには関連会社を擁し、各種プラントのコンサルティング、メンテナンス業務に関わるプロジェクトマネジメントサービスに注力しています。

寿命評価

石油精製・石油化学プラントなどの連続運転が可能となっている現在では、設備の安全性を評価し、生産性を維持・確保するための診断技術が不可欠です。当社では材料・運転履歴・損傷現象を基に余寿命評価技術、安全性評価技術を提供します。

寿命評価/調査・分析・判定の事例はこちら

調査・分析・判定

設備の長期連続運転を担保するためには設備の健全性や安全性に対して適切に診断することが重要です。また適切な診断を行うためには装置の特性や損傷現象を熟知し、それらを理論的かつ体系的に技術検査する能力が必要です。当社では長年にわたり蓄積してきた技術と日揮グループの先進技術を駆使し、調査方案の提案、解析・評価・対策までの一連の損傷原因調査、寿命・安全性評価を提供します。

寿命評価/調査・分析・判定の事例はこちら
  • EPC遂行
  • 保全診断
    • 保全診断
    • プラントメンテナンス
    • 設備診断
    • 設備管理システム
ページトップへ

実績・事例

HSE

採用情報

お問い合わせ

※当ウェブサイトに掲載されている画像等の
無断転載はご遠慮下さい