• TOP>
  • 事業内容

事業内容

日揮プラントイノベーションは、プラントの基本設計(FEED)から、設計(E)、機材調達(P)、建設(C)、品質管理(QC)及びメンテナンス(M)まで、各専門技術を有機的に結集し、日揮で培った豊富な経験、ノウハウを駆使して統一した思想のもとに、FS/FEED + EPC-Mの一貫体制によるお客様のプラントライフサイクルマネジメントを実施します。

  • EPC遂行
  • 保全診断

<プラントライフサイクル>

FS(事業化調査)・ FEED(基本設計)

お客様のご要望や事業計画等を十分に理解した上でプラントの建設費、安全性、運転費、環境保全などを総合的に判断し、効率の良い最適な環境プロセスフローを構築し、FEEDパッケージを作成します。

ENGINEERING(基本設計・詳細設計)

FEEDに基づき、工程、調達、建設、運転、メンテナンスなどの種々の要素を考慮し、プロセスの基本設計からはじまり、必要とされる専門技術(配管、回転機器、静機器、燃焼機器、電気、計装・制御、建築、シビル)を駆使して詳細設計を遂行、最小のコストで最適なプラントを具現化していきます。また、3D Model reviewをはじめHAZOP、HAZID、SIL study等の各種検討により、お客様が要求するオペレーション、メンテナンス、安全性に対応したプラントデザインを実施します。

EPC遂行分野はこちら

PROCUREMENT(調達・工程管理・輸送)

数多くの機材で構築されるプラントにおいて、各機材の製作工程の管理と品質検査を徹底し、最終検査を経て、輸送~現場納入まで一貫した責任体制で調達管理を遂行します。機材選定にあたっては、品質、納期、価格などを総合的に判断し、プロジェクトの要求に応え得る最適なベンダーを選定し、発注します。また、各機材の納入に際しては、各国法規を順守した輸送業務手続きを実施します。

EPC遂行分野はこちら

CONSTRUCTION & COMMISSIONING(建設 & 試運転)

プロジェクトマネージャーの下にコンストラクションマネージャー(現場責任者)が配置され、詳細な建設遂行計画が立案されます。建設遂行段階では、必要な時期に設計に従事した専門技術者が現場に駐在し、設計どおりに工事が施工されているか監理・指導を行い、工事に的確に反映されているかを常に判断し、目標に向かって最適な工事環境を構築していきます。またメカコンからシームレスな試運転を実現し、スムーズなプラントスタートアップをサポートします。

EPC遂行分野はこちら

MAINTENANCE & DIAGNOSIS(保全診断)

EPC業務を完了し、お客様へ引き渡したプラントを長期間に亘りその性能を維持し、信頼性と安全性を確保するためのメンテナンスサービスを提供いたします。当社の保有するエンジニアリング機能と専門部門の技術、及び日揮の保有する技術を駆使してお客様のご要望に応じた最適な問題解決手法を提供いたします。

保全診断はこちら

QUALITY CONTROL(品質管理)

長年にわたり日揮で培ってきた豊富な経験をもとに、確かな技術力・交渉力・管理能力また全世界に展開する幅広いリソースを活用し、機器・材料の使用環境・製作難易度を考慮しながら、遂行プロジェクトにおける国内・海外メーカーから調達する機器・材料の要求品質確保と納期の順守に貢献します。

ページトップへ

実績・事例

HSE

採用情報

お問い合わせ

※当ウェブサイトに掲載されている画像等の
無断転載はご遠慮下さい